リンク集

食塩のしょっぱさを軽減
~食品製造に利用しやすく~

2009年(平成21年)12月1日(火曜日) みなと新聞

 【大阪】モリタ食材開発研究所(大阪市、守田悦雄社長)はこのほど、食塩のしょっぱさを軽減する技術の開発に成功、製法特許を出願した。
 同製法は、ミネラルバランスなど海水に由来する本来の特徴を全く損なわない。食塩は、原料海水の採水地、採取地でブランド化が進むが、ミネラル含有量、ミネラルバランスなどの成分組成はそのまま残し、しょっぱさのみを減らすことで、食品加工メーカーなどが食品製造に利用しやすくする。


 原料海水の濃縮、製造工程で、一定条件の植物性抽出物を特定条件下で添加、結晶化。設備投資を必要としない加工塩の製造法だ。「乾き物などをつくる食品メーカーが利用することにより、しょっぱさを抑えた製品開発が期待される」(同研究所)
 同研究所は、主に添加物や食品素材の開発、製造を手がける。取引先の半数はつくだ煮、珍味など水産加工メーカー。ステビア甘味料や魚介類の臭気を抑える技術提供などを通じ、食品の味を調整、顧客の求める味作りに取り組んでいる。

 醤油加工品、ソース、佃煮、魚介加工品、珍味、漬物などの食塩の塩から味を緩和・ソフトな味にして、味の差別化を図る新しい技術・方法は、塩から味緩和製剤「カラミソフト」を0.2~0.3%添加すると、美味しい味のバランスのとれた加工食品ができます。

 

 詳細は、(株)モリタ食材開発研究所 新技術提案 営業部までご照会ください。

戻るボタン 主なマスコミ報道一覧 次へボタン